スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツモリチサトワンピース 2007年秋冬パリコレ

ツモリチサトワンピースは、ちょっとレトロでにぎやかな柄の組み合わせが特徴的ですね!
デザイナー津森千里の自由な発想によって生み出されたラインはどれも新鮮なイメージです。
ツモリチサト2007年春夏コレクションはメキシコをテーマにした鮮やかでキュートなデザインでした。
2007年秋冬のコレクションが発表になりましたが、ツモリチサトの今回のモチーフは「1920年代の上海」。サテンのロシア風のチュニックとさらりとしたスカートやスパッツとの組み合わせ、シルバーコーティングのレザーに細いファーで縁取りしたボックスコートなどが、主に東欧的なエキゾチックな印象を与えていました。
全体的には東洋と、西洋画融合したようなイメージ・・・まるで人気のドラリオンみたい(笑)
ツモリチサトはいつも斬新なデザインで私たちを楽しませてくれます。パリコレで大活躍の日本人デザイナーなんて、とっても素敵ですよね!そんなデザイナーのデザインする服を着たり、小物を持ったりすることができるなんて幸せですね!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。