FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツモリチサト お財布はキャリーともいいます!

ツモリチサトのお財布を探そうと思ったとき、「財布」検索するのではなくて、「ツモリチサト キャリー」と検索するとたくさんの種類が出てきます。お財布の種類は長財布やがま口、二つ折り、とあってデザインがどれもみんなかなり個性的になっています。人によっては好みがあると思いますが、マニアのように集めている人も多く、オークションサイトではたくさんの取り引きがあるようですね。ネコやふくろう、小花やチェリー、素材も山羊だったり裏地にブタや羊を使っていたりします。ひとつひとつが商品というよりは「作品」と呼ぶのにふさわしいようなお財布ばかりです。中にはとてもシンプルでおとなしいデザインのものもあるので、派手なものが苦手な方は、シンプルなものを買ってみるといいかもしれませんね!ヴィトンやグッチ、プラダやコーチ、人気のブランド財布はたくさんありますが、ツモリチサトやレスポートサックのような個性的でアカデミックなお財布もたまにはいいかもしれませんね!
スポンサーサイト

ツモリチサトの小花長財布がかわいい♪

ツモリチサトのお財布で可愛い長財布を見つけました。
ツモリチサトの財布といえば、個性的なものが多いことで有名ですよね。
その中でも、とってもキレイなお財布なんです!
一面の小花柄が曼荼羅のようなオリエンタルな雰囲気をかもし出します。
花のアップリケの周りにはラインストーンが施され、内側は淡いピンクゴールドのメタリック仕上げになっていて、隅々に細かな細工が施されて可愛さも二重丸です♪12個のカード入れ、内外2つのファスナーポケット(小銭入れ)、さらに札入れに使える大きなポケットが2つついていて使いやすそう!いつものマンガチックなイメージではなくて、ちょっとオリエンタルな豪華さをかもしだしている素敵なお財布です。和服にも似合うかもしれませんね。いつもの派ハデな印象とは違って、こんな感じのお財布だったら、ツモリチサトブランドもいいかな、って思います。値段は17000円。お財布にしてはまぁまぁのお値段かな。でも人とかち合うこともほとんどないし、細かい細工がとてもキレイに施されいるので、決して高いお値段ではないですよね。通販ショップで購入しようと思っています♪

ツモリチサトのお財布はかなり個性的!

ツモリチサトのお財布はとても個性的で、何を基準に選んだらよいのがわからなくなる感じです(笑)美術館や絵画展などを想像させるようなアート的なものも多く、好みがはっきりするブランドだと思いますね。
ツモリチサト自身が好きなこと、好きなものをきっと自由に表現したものなのでしょう。のびのびとしたデザインになっているところが、作品を見ていてわかります。商品、というよりは芸術作品に近い感覚があるのがツモリチサトの特徴かもしれません。
ツモリチサトの派手目のお財布を持っていると、同じものを持っている人にあまり出会わないのではないでしょうか。一点モノか!と思うほど、個性的です。
有名ブランドの財布はもう飽きちゃった。とか、個性的なものを探しているとか、そういう人には最適のブランドだと思います!
個人的には、チェリー柄のお財布が可愛かったです。あとは、スカルプ柄のお財布も見ていておもしろかった♪でも、自分が使うのは想像できませんが(笑)
財布の種類も、長財布・三つ折財布、パスケースなど様々です。
用途にあわせて財布が選べます。バッグも個性的なので揃えて持ったら楽しいかもね!

ツモリチサトの財布で好きな柄は?

ツモリチサトさんの財布って、ちょっと変わっていますよね。かなり個性的!自由なデザインと、びっくりするような発想の中で作られているのだと思います。子供の頃書いたことがあるような落書き、動物、などなどそのままデザインしたらこんな感じになるのかもしれません。
ツモリチサトさんの財布は、「財布」というキーワードで調べる方法と「キャリー(CARRY)」というキーワード調べる方法があります。
「財布」と調検索しても出てきますが、「ツモリチサトキャリー(tsumori chisato CARRY)」と言う呼び方もするので参考にしてくださいネ!
ツモリチサトさんの派手めの財布で好きなのは、ドットパッチワークかな。。ドットといっても水玉というほど小さくなく、いろんな大きさ(コインくらい)のパステルカラーのドットがパッチワークされています。クリスタルほど派手でなく、ポップな感じです。クリスタルはゴージャス過ぎてちょっともつのにはなぁ・・・という感じ。
お財布は、モノによって素材が違います。山羊の皮だったり、鹿の皮だったりいろいろなので、触感を確かめて買うのが一番良いと思います。

ツモリチサト お財布はかなり派手♪

ツモリチサトさんのお財布って、すごくハデですよね!
ツモリチサトさんのお財布を買おうと思うときは値段の高くないものにしたほうがいいかもしれませんね。高価な値段のものを買って、すぐに飽きちゃったり、見るのと、実際に使うのとではギャップがあることもあるので、個性的なモノほど、高いものは買わないのが私の主義です!
安いと言えば、ネットでツモリチサトブランドを検索したら、ツモリチサト・キモノの足袋がたくさん出てきました。確かに激安特価なんですが、使いどころがない感じ。。。(笑)
ネットオークションなどででているツモリチサトブランドの財布は、柄がふくろうのものばっかりで驚いたことがあります。
キッズ用?って思っちゃいました。それにしては高いけど。
私がかわいいなって思ったお財布は「リボン」のついたお財布です。茶色(ブロンズ色)ベースのお財布にリボンが付いているのですが、ラッピングされたみたいで、かわいかったです。
あと「グレンチェック」のお財布。お財布はバッグの中で主張して欲しくないので、派手めなものは避けて、控えめなものにしたいです♪

ツモリチサトのお財布

ツモリチサト(津森千里)さんは、日本を代表するブランドデザイナーのひとりです。TSUMORI CHISATOブランドでバッグや財布、ブーツやワンピースなどのデザインを手がけています。
そのデザインの範囲は広く、時計や下着など、女性が身につけるものがほとんどです。関連ブランドにツモリチサト・キモノやツモリチサト・ウォークがあり、着物、浴衣、足袋などもブランド化されています。
ツモリチサトは、津森千里さんが好きなもの、興味があることを、自由な発想で素直に表現したもので、服のデザインなどは、比較的シンプルな淡い色のものも多いです。財布などの小物になってくると、彼女の遊び心が発揮されてきて、ユニークなデザインのものが多くなってきます。
お財布はかなり個性的で、なんだか美術館が財布になったようなイメージですね。色々なデザインのものがあるので、好きな人はきっと新作のたびに注目するのではないでしょうか。好きなものを自由な発想で作るって、素敵ですね♪

ツモリチサトの新品は安心ですか?

ツモリチサトの商品をインターネットで買う人が増えています。

多くのツモリチサトファンは、お店で買うにしてもネットショップで買うにしても「新品」を買っています。
なぜなら、やはり新品はデザインも新しいですし、中古品に比べたら商品に問題もなく安心して使えるからです。

それでは、ツモリチサトは新品なら全部安心かというと、最近はそうでもないようです。

それは、インターネットのオークションなどで、「ツモリチサトの新品!」と言って安く出品しているケースが多いからです。
ツモリチサトの公式サイトでも注意を呼びかけていますが、インターネットの正規取り扱いサイト以外でツモリチサトを売っている場合、中にはたくさんの模倣品が含まれているケースがあったそうです。

新しいデザインだからこそ、本物と偽物の比較ができないということもあるでしょう。「新品」と書いていながら全くの模倣品が出回っているなんて残念ですよね。

逆に、個人が出している中古品の方が良品だったりもしますので、とにかくあまりに安いツモリチサトの新品には気をつけましょう。

ツモリチサト 靴で足元を演出!

ツモリチサトは服や小物だけでなく、ブーツやも大人気です。ツモリチサトの靴を探すときは「ツモリチサトウォーク」って調べるとたくさん出てきますよ!ブーツや靴はいつもの動物柄ではなくて、ワンポイントが可愛い靴だったり、デザインに凝っているものがたくさん!お菓子シューズなんてとってもキュートなんですよ♪お菓子が靴についているの!ビスケットとチョコレートだったと思いますが、靴の甲の部分についているのです。取り外しはできません。リボンだったり、チェリーだったり、ついていて可愛いです!大人の雰囲気をかもし出すのに素敵なパンプスやバレエシューズもたくさんあります。メッシュやグリッターでキラキラ光ったもの、柔らかい皮のシンプルなデザインのものも素敵ですネ。
おしゃれは足元から・・・といいますが、ツモリチサトの靴は足元を飾る最高のアクセサリーだと思いますね!足元をキレイに見せたい方はぜひ一度、ツモリチサトウォークを試してみてはいかがでしょうか!

ツモリチサト 新品同様の服をオークションでゲット♪

ツモリチサトのオークションでワンピースが欲しいのですが、
ツモリチサトのワンピースを新品で買うとすると、かなり高価です。
ツモリチサトの洋服は、トータルで楽しみたいので、洋服に合わせて靴、そしてバッグとなると、かなりの出費になってしまいます。
そんな時はネットオークションでゲットするのがいいかもしれませんね。
新品同様のものが半額くらいで手に入ることもありますし、欲しかった昔のシリーズものが新品同様で手に入ることもあります。
少し前の時代と違って、オークションなどで買うことにあまり抵抗がなくなっている今、手に入りにくいとされていたものも、オークションで取り引きされることが多くなっています。要チェックですね!
ただひとつ注意しなければならないのが、ニセモノを見分けること、そして新品同様とはいえ、個人が保管していたものなので保管状況によっては新品も中古も変わらないっていうことです。
安く買おうと思うと、それなりのリスクがついてくるということですよね!それを承知の上でネットショッピングを楽しみましょう♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。